産業用太陽光発電とはどういったものなのでしょうか。また、そのメリットは何があるのでしょう。

産業用太陽光発電とは

住宅用の太陽光発電と産業用の太陽光発電にはいくつかの大きな違いがあります。
太陽光発電と聞くと、多くが一般住宅に設置されているイメージがあると思います。
しかし、最近は企業や学校の屋上などに太陽光発電を設置することも多くなってきています。
これらの住宅以外に設置してある太陽子発電を産業用太陽光発電として区別しています。
住宅用の太陽光発電と産業用の太陽光発電は電力を買い取ってもらえる制度も違います。
住宅で発電した電力は余剰電力買取りといって家庭で使用しなかった電力を買い取ってもらうのです。
しかし、産業用の太陽光発電の場合、発電量した電気、全てを買い取ってもらう事が出来ます。
国は再生可能エネルギーの買い取りを促進する為の制度を作っています。
その中で最も買取金額が大きいのが太陽光発電なのです。
その為、多くの企業が収益が得られる事業として注目し、太陽光発電を設置する企業が多くなっているのです。
しかし、つい最近までこういった動きは企業に見られなかったのです。
実はこの発電した全ての電力を買い取る制度というのは平成24年の7月から始まったばかりの制度です。
こういった制度が出来る前は住宅用と同じで余った電力のみを買取ることに留まっていたのです。
一般家庭と違い、電力消費が激しいのが企業ですから、太陽光発電を設置しても大きなメリットはなく、むしろ、設置するコストを考えるとマイナス面の方が強かったのです。
また、余った電力を売ったところで対して利益にはならない為、太陽光発電の設置に対して消極的な企業がほとんどでした。
しかし、こういった制度の改正により、企業にとって利益がでることがわかり、安定した収入源として注目される様になったのです。
その為、最近では多くの企業が太陽光発電の設置をするようになった背景があります。
また、産業用の電気は一般家庭に比べ、単価が安く設定されています。
しかし、最近は電気代の値上げがされ、電気も安いとは言いにくい時代になってきています。
今後も電気代が高くなることを見込むと、将来的に考えて、太陽光発電の方がコストが低いという事になったのも産業用の太陽子発電を増やすきっかけとなりました。
更に太陽光発電はいざという時の非常用電源としてのメリットもあります。
電気がなければ会社も動きません。
そんな時の為の太陽光発電としても導入する価値はあると考えられるようになったのです。
政府は脱原発、クリーンなエネルギーを推奨しています。
それにより会社自体の評価もあがるようになり、様々なメリットが見出せるようになったのが太陽光発電を設置するようになった理由でもあります。

Copyright (C)2017設置した人の声集めました!〜太陽光発電導入で何が変わった?〜.All rights reserved.