メリットが多い、太陽光発電ですが、デメリットも多くあります。そのデメリットを知る事で、導入の際に納得のいく導入が出来るのではと思います。

太陽光発電のメリット、デメリット

新しい世代の大きなエネルギーとなる事を期待されている太陽光発電。
電気代が安くなる、家庭で作った電力を売る事が出来るなど、多くのメリットがある事からも非常に大きな注目がされています。
また、自然の力を利用して発電するので地球にやさしい発電システムとして、まさに良い事づくしのように感じる太陽光発電ですが、デメリットも多くあるということを知っておかなければなりません。
きちんとデメリットも理解した上で、家庭への導入を検討することで、購入後のトラブルなども防ぐことが出来るのではと思います。
今回はあえて、太陽光発電のデメリットの部分に着目して考えてみます。
まず、デメリットの一つ目として導入の際のコストが非常にかかるという点です。
工事の内容や太陽光パネルの値段によっても差は出ますが、平均的な一般家庭に太陽光発電を設置するのにかかる費用は200万円前後だとされています。
この金額は一般家庭からすれば大きな金額と言えるでしょう。
これだけ聞くと導入をためらってしまうかもしれませんが、この200万円という導入コストは10年から20年ほどで回収できるとされています。
その理由としては国の補助金制度、電気を売った利益などが挙げられます。
また、最近では太陽光発電に対しての研究も進んでおり、太陽光パネル自体の金額も下がりつつあるようで、コストダウンの傾向にはあるようです。
ただしコストが下がる分、補助金などの金額も下がることが予想されますので、その点は注意が必要であると思われます。
導入するのと同時に電気代の節約できる点を考えると、早めに導入したほうがお得な場合もあるかもしれません。
また、日本の全ての地域で天候や立地条件が同じという事ではありません。
太陽光発電はこういった点を考えずに設置すると電気代の節約にならない可能性もあるという事がデメリットの2つ目として挙げられるでしょう。
例えば、積雪の多い日本海側の地域では太陽が照る時間も年間で見ると太平洋側と比べかなりの差があります。
そういった地域で太陽光発電を導入しようとした場合、きちんと自分の家にあったものを選ばなければ太陽光発電のメリットを十分に生かす事が出来ないかも知れません。
また、天候によっても発電量は左右されますし、当然ですが、夜間帯は発電することは出来ません。
こういった点が太陽光発電としては課題として挙げられており、設置の際のデメリットとして考えられているようです。
しかし、自分の家にあった製品をきちんと選び、現地調査を行ってくれる会社と相談する事で太陽光発電のメリットを存分に生かせるのではないでしょうか。

Copyright (C)2017設置した人の声集めました!〜太陽光発電導入で何が変わった?〜.All rights reserved.