太陽光発電を設置するにはそれなりの費用が必要となります。では、実際にかかる費用の平均を考えてみましょう。

設置の為に必要な費用

太陽光発電を利用するメリットは多くあります。
しかし、新築でも実際の設置には踏み切れないという方も多いでしょう。
その理由としては太陽光発電を設定する際の費用があるのではないでしょうか。
太陽光発電を設置するにはそれなりの費用が必要ですし、安い買い物ではありません。
その為、設置に慎重になる方も多いのです。
ここではそんな費用について詳しく考えていきたいと思います。
太陽光発電を購入する費用の目安というものはあるのでしょうか。
まだまだ購入者も少ないという事もあり、そのくらいかかるのか見当がつかないという方もいるでしょう。
太陽光発電の設置は完全なオーダーメイドとなります。
その為、家によって費用が異なるというのが実際ですので、平均はと言われてもはっきりとした数字が表せないという事もあるでしょう。
そこで目安としたいのが国の太陽光発電の設置の際の補助金制度です。
補助金制度では工事費用込で1kwあたり55万円以下という基準があります。
そして、一般家庭の太陽光発電に必要な平均的な容量は4.31kwとされています。
つまり、平均して購入費用としては235万円ほどであるといえるでしょう。
実際には屋根の向きや屋根の広さ、屋根の種類などによっても異なります。
しかし、多くの家庭の場合このくらいの費用を目安と考えて問題ないと思います。
また、太陽光発電はそのシステムを購入する事となりますので、平均でも150万円以上の費用がかかるとされています。
しかも、購入して終わりというものではなく、生産財ですので、購入にあたっては月々の電気代や、ローンの組み方などを考慮して購入する必要があると思います。
そこで、太陽光発電を導入するにあたってそういった支払い計画になるのか環境別に例を挙げて考えてみたいと思います。
まずは、共働きである家庭です。
共働きの場合、日中に電気を使う事はほとんどないと思われます。
つまり、昼間発電した分のほとんどを電力会社に売る事が出来るのです。
その為、太陽光発電を購入する際にローンを組んだ場合でも、売った電力分をローンの支払いに回す事は可能であると思われます。
昼間の電力を売った場合の平均金額は1万円程度ですので、電気代が1月5000円程度でしたら、5000円分プラスになります。
そのプラス分をローンの返済にあてることが出来ます。
また、昼間に家にいるようなことが多い家庭でも発電した分、電気代は浮きますので、同じようなことがいえるのではないでしょうか。
太陽光発電を設置する際には、設置にかかる費用についての返済計画をきちんとしておくことが非常に大切なことだと思います。

注目度UPの太陽光発電関連お勧め情報♪

Copyright (C)2017設置した人の声集めました!〜太陽光発電導入で何が変わった?〜.All rights reserved.